屋上防水工事の基礎知識【定期的にメンテナンスをすることが大切】

建物の雨漏り対策は重要

作業員

施工法により値段が違う

家を長持ちさせたかったら雨漏り対策をしっかり行う必要があります。新築の場合は問題ありませんが、経年劣化によって屋根の耐久性が落ちて、雨漏りが発生しやすくなります。特に屋上を設置している住宅の場合は防水加工を見直す必要があります。一戸建てはもちろんですが、マンションやビルなどの屋上も定期的な防水メンテナンスを行うことになります。屋上の防水工事の場合、工事の種類によって料金が変わってきます。シート防水、ウレタン防水、FRP防水、アスファルト防水の4つの方法がありますが、最も一般的なのはウレタン樹脂を屋上に塗装するやり方です。1平方メートルあたり4500円から6500円ぐらいが相場です。継ぎ目がない施工ができて、複雑な場所でも工事がしやすく、時間的にも早く仕上がるので人気があります。シートを使った施工の場合はゴムと塩ビがありますが、どちらも1平方メートルあたり3000円から5000円と安くなっています。短期間で施工できるので、緊急の時などに利用されることが多いです。シートとシートの継ぎ目にすき間ができると雨漏りの原因になるので、施工技術のある業者に依頼します。FRPはガラス繊維製のシートと樹脂を使って工事を行います。1平方メートルあたり6000円から8000円と高くなっていますが、軽量で強度があります。屋上やベランダの防水工事には最適です。業者を選ぶ時はネットの比較サイトを参考にすると、評判などがわかります。

Copyright© 2018 屋上防水工事の基礎知識【定期的にメンテナンスをすることが大切】 All Rights Reserved.