屋上防水工事の基礎知識【定期的にメンテナンスをすることが大切】

作業員

業者や工法を選ぶ

屋上の防水工事の方法にはウレタンや塩ビ、ゴムシートなど様々な方法があり、それぞれ施工のしやすさや耐久性、コストやメンテナンスの容易さなどが異なっています。そのため条件に合う適切な方法を提案してくれる高い技術と実績を持つ業者を選ぶのがおすすめです。

大規模修繕をしないために

作業員

定期的なメンテナンスを

住宅というのは雨風にさらされるため、どうしても年月が経つとあちこち傷んできてしまいます。その中でも特に痛みやすい部分が屋上です。屋根というのは建築時には防水加工されていますが、その効果もいつまでも続くというわけではありません。屋上の防水効果が薄れてきてしまうと雨漏りしやすい状況になってしまいます。一度雨漏りが起きてしまうと住宅の見えない部分まで雨が侵食してしまい、住宅に思わぬダメージを与えてしまうことも多いのです。柱や梁が雨漏りによって腐ってきてしまうこともありますし、鉄骨であっても雨漏りによる影響で錆びてきてしまって強度が落ちてしまうことになります。こうなってしまうと単純に雨漏りを修理するというだけではなく、住宅全体の大規模修繕が必要になってしまうこともあります。そうならないようにするためにも、屋上の防水は定期的にメンテナンスをすることが大切です。屋上の防水加工にはいくつかの種類があり、それぞれに特徴があります。シート防水は塩ビ樹脂などを使う方法で、シートであるために複雑な箇所には適していないものの施工が容易で早く済ませることが出来ます。ウレタン防水は塗膜防水の一つであり、衝撃には弱いものの複雑な場所であっても簡単に施工出来るという特徴があります。FRP防水は屋上などで使われることが多く、様々な場所で行われている方法です。強度も耐水性も優れていますが、地震などの影響を受けやすいという特徴もあります。これらの防水加工はおよそ10年程度で寿命が来てしまうため、その度に塗り直すことが大切です。

住宅

雨漏りに困っているなら

雨漏りが起こった場合は、屋上に何らかの問題がある可能性が高いので、業者に頼んで防水工事をしてもらいましょう。放置しておくと被害はさらに進んで、さらに費用がかかるようになるため、深刻な事態になる前に仕事を依頼することが大切です。

屋上

雨漏りを極力防げる利点

屋上防水は主に雨漏り防止や水捌けを良くしたい時に依頼する施工で、すでにたくさんの人が依頼をしています。その中でも優秀な業者を選択すれば、依頼時のトラブルを回避でき、質の高い屋上防水の施工を実施してもらうことが可能です。

作業員

建物の雨漏り対策は重要

家やビルを長持ちさせるには雨漏り対策が必要です。特に屋上を設置している場合は、定期的なメンテナンスを行います。防水工事ではウレタン防水が一般に選ばれます。1平方メートルあたりが安く、継ぎ目がない施工ができるので人気があります。値段が高くなりますがFRPという方法も強度が高いのでおすすめです。

男性

種類によって費用が違う

屋上の防水加工工事には様々な種類があります。それぞれの特徴やメリットを踏まえた上で、より良い種類を選択しましょう。当然、種類によって費用や工期も違ってきます。また、業者によって提案される内容も違うので、よく比較して選びましょう。

Copyright© 2018 屋上防水工事の基礎知識【定期的にメンテナンスをすることが大切】 All Rights Reserved.